楽天・則本 開幕戦延期も冷静「臨機応変に対応していければ」

[ 2020年3月11日 05:30 ]

プロ野球開幕延期

キャッチボールする則本昂(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 楽天の則本昂が10日、「仕切り直し」を誓った。新型コロナウイルの感染拡大の影響を受け、登板が決まっていた20日のオリックスとの開幕戦の延期が決定。2年ぶり6度目の大役の舞台は本拠地だっただけに、複雑な思いを抱きつつも「状況的に仕方がない。体や健康、命には変えられない」と冷静に受け止めた。

 2月下旬に開幕投手に指名されてから、ここまで順調に調整を続け、前回6日の中日戦も5回2安打1失点。三木監督は「球団、コーチと開幕に向けてしっかり話し合いを進めていく」と話すにとどめたが、エースに求められることは不変だ。「開幕日が決まればしっかり調整したい。臨機応変に対応していければ」と則本昂。シーズンが始まるまでベストのコンディションを保ち続ける。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月11日のニュース