センバツ無観客か中止か…11日結論 午後6時から会見、健康&環境焦点に

[ 2020年3月11日 05:30 ]

甲子園球場     
Photo By スポニチ

 日本高野連は11日午後3時から大阪市内で第92回選抜高校野球大会(19日から13日間、甲子園)の臨時運営委員会を開き、大会開催の可否について最終判断を行う。新型コロナウイルス感染拡大の影響で4日には無観客開催に向けて準備する方針を発表。9日にプロ野球が20日のシーズン開幕延期を決めた中、午後6時予定の会見に注目が集まる。

 八田英二会長は4日の会見で「感染防止が99%できるまで努力し、夢の実現の手助けをしてあげたい」と話し、情報を収集してきた。宿舎に対して説明会を開き、通常は各校に任される移動バスの手配を主催者で手配。9日に都内で行われたNPBとJリーグ主催の「新型コロナウイルス対策連絡会議」には小倉好正事務局長らが出席し専門家にアドバイスも仰いだという。

 選手だけでなく、その家族までの健康を管理できるか、球場の環境整備の2つが焦点だ。1試合ごとにベンチやトイレ、手すりなどを消毒する必要があり、消毒液などの物資や人員の確保が求められる。また練習再開すらできていない出場校もあるのが現状だ。この日、大阪市内の日本高野連で取材に応じた小倉事務局長は「昨日勉強させていただいたことは局内でも情報共有している。明日十分に審議し、最善策をとらせていただきたい」と話した。

《大会開催を巡る経過》
 ▽1月24日、選考委員会で出場32校が決定。

 ▽2月19日 日本高野連の小倉好正事務局長が「今の時点では3月19日の開幕に向けて準備をしている」と明言。

 ▽25日 日本高野連は現時点で予定通り開催する方針に変更はないとする。

 ▽26日 安倍晋三首相は多数の人が集まる全国的なスポーツイベントについて、今後2週間の中止や延期などの対応を要請。日本高野連は3月4日の運営委員会で開催方針を話し合うことを確認。

 ▽27日 安倍首相が全国の小中高などを一斉の臨時休校にするよう要請する考えを示す。

 ▽3月4日 日本高野連は選抜大会運営委員会と臨時理事会で出場校に無観客での実施に向けて準備を要請することを決定。

 ▽9日 日本高野連が日本野球機構(NPB)とJリーグが設けた「新型コロナウイルス対策連絡会議」にオブザーバーとして参加。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月11日のニュース