巨人・戸郷 大炎上初回5失点 11イニング連続無失点中まさか…「悪いもの一気に出た」

[ 2020年3月11日 05:30 ]

オープン戦   巨人2―10ソフトバンク ( 2020年3月10日    ペイペイD )

4回途中で降板した戸郷(撮影・中村達也)
Photo By スポニチ

 開幕ローテーション入りが確実な巨人・戸郷が大炎上した。11イニング連続無失点だった右腕は初回にバレンティン、松田宣の連弾など5連打で5失点。計3発を浴び、巨人の投手では05年工藤以来となるオープン戦での2桁10失点を喫した。「今まで調子が良かった分、悪いものが一気に出た」。

 ソフトバンクには昨年の日本シリーズでも痛打されており「納得していない直球ばかり」と唇をかんだ。それでも評価は変わらず、原監督は「いい薬にするでしょう」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月11日のニュース