「3・11」楽天―西武戦で両軍ナインが黙とう

[ 2020年3月11日 15:01 ]

オープン戦   楽天―西武 ( 2020年3月11日    静岡・草薙 )

<オープン戦 楽・西>5回途中、東日本大震災発生時と同時刻の14時46分に黙とうを捧げる銀次(右から3人目)ら楽天ナイン(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 東日本大震災の発生から9年となる11日に行われた楽天―西武のオープン戦(静岡・草薙)で両軍ナインが黙とうを行った。

 発生時刻の午後2時46分に合わせて、5回裏に試合を一時中断。スコアボードの上には半旗が掲げられ、1分間の祈りを捧げた。試合前に楽天・三木監督は「あらためて震災のことを忘れずに、チームとして少しでも(被災地の)力になれるようにやっていきたい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月11日のニュース