西武・栗山 2打数2安打、先行き不透明も「もう1度盛り上げていきたい」

[ 2020年3月11日 16:55 ]

オープン戦   西武―楽天 ( 2020年3月11日    静岡・草薙 )

<楽・西>5回2死、左前打を放つ栗山(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 西武の栗山巧外野手が11日、楽天とのオープン戦(草薙)に「8番・DH」で出場し、2打数2安打と気を吐いた。3回の初打席で右前打。5回の第2打席で左前打を放った。

 開幕が延期となり先行きは不透明な状況。プロ19年目のベテランは「あまり意識せずに取り組む」としたが「(当初20日の)開幕に向けて盛り上げていた気持ちはいったん落として、開幕が決まってからもう1度盛り上げていきたい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月11日のニュース