鳥谷、ロッテと契約 背番「00」からの再出発「感謝しかない」

[ 2020年3月11日 05:30 ]

ロッテ入りが決定した鳥谷
Photo By スポニチ

 ロッテは10日、昨季限りで阪神を自由契約となった鳥谷敬内野手(38)を獲得したと発表した。1年契約で出来高はなく年俸も1軍の最低保証額である1600万円となった。

 まさにゼロからのスタート。球団側から「もう一回ゼロからスタートするために頑張ろう」と提示された背番号「00」をつけることも発表された鳥谷は、球団を通じ「今は感謝の気持ちしかない。とにかくチームの優勝に少しでも貢献できるように精いっぱいプレーしたい」とコメントした。

 チームは15年ぶりの優勝に向けて若返りを図る一方、通算2085安打で内野の全ポジションを守れるレジェンドを獲得した。異例の時期に獲得へ踏み切った経緯を松本尚樹球団本部長は「キャンプ、練習試合、オープン戦を通じて内野の厚みを増したいと感じた。1年を戦う上で厚みが足りない」と説明。続けて「若手が多いチームを引っ張ってほしかった。長いスパンでのチームづくりも考えているが、やはり一年一年勝たないといけない」とプレーを含め、その存在が若手の手本となることを期待した。

 「温情」で獲得したわけではない。現役時代に鳥谷と沖縄で合同自主トレも行った井口監督も特別扱いはしない方針で「内野全部は守ってもらいたいなと思ってますが…。まだキャンプもしていないし、実戦感覚もないと思う。当然、下(2軍)でやってもらうけど、その後の状態はしっかりチェックしたい」と慎重にコンディションを見極める意向。「彼の練習量は現役の中でも一番。若手をどんどん引っ張って模範になってほしい」と期待の言葉も語った。

 鳥谷は11日に新天地のZOZOマリンを訪れ、ナインにあいさつする予定。その後はロッテ浦和の2軍施設に移動し、早速練習をスタートさせる。

 《早大同期、ヤクルト・青木「うれしい」》早大時代に同期だったヤクルトの青木が鳥谷のロッテ入りを喜んだ。「またプレーができるというのは、本人もホッとしたと思う。同級生がそうやって頑張っている姿を見られるというのはうれしい」。古巣・阪神の選手たちも喜び、福留は「ずっと心配していたので決まってよかった」。プロ入り時から15年間ともにプレーした左腕の能見は「対戦したいね、ぜひぜひ」と初対決を待ち望んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月11日のニュース