選抜高校野球中止・高野連会見(4)丸山大会会長「いろんな意見を踏まえた結論」

[ 2020年3月11日 18:45 ]

選抜高校野球の中止を発表する(右から)日本高野連・八田英二会長、丸山昌宏大会会長、斉藤善也・大会副会長(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 日本高野連は11日、19日から甲子園で予定されていた第92回選抜高校野球大会について大阪市内で臨時運営委員会を開き、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止にすることを決定した。

 この日午後6時から会見が行われ、日本高野連・八田英二会長、毎日新聞社代表取締役社長・丸山昌宏大会会長、毎日新聞社常務取締役大阪本社代表・斉藤善也大会副会長が出席した。

 ―対策としてどれほど用意できたか
 丸山大会会長「マスクが1日3枚必要だろうと、マスクの必要量は用意した。消毒液も甲子園の力もお借りして十分な分は用意しておりました。宿舎から甲子園への送迎バスは、大会本部ですべておさえた。消毒液を積んでいるバスをおさえていた。宿舎に対しても、個室でビュッフェでないものも用意できないかとお願いしました。考えられる数字は用意できた」

 ―高野連にも苦情が来ていたというが、実際にはこの1週間の同調圧力が影響したのか
 丸山大会会長「意見はいろいろといただいた。高校野球は特別なのかとか。前回の運営委員会でも我々としては、主催者として開催に向けて一致していた。できることをやろうという共通認識として無観客の方針を打ち出した。いろんな意見を踏まえた結論。他の団体に同調しようとか、圧力の影響はない」
 日本高野連・八田会長「高野連独自の方針がある。私たちとしてはなんとか開催に向けて努力しようと。独自の判断として中止を判断した」

 ―関西で感染者が増えているのは影響したか
 八田会長「そうですね。宿舎は大阪と兵庫。この影響は大きかった」

 ―11日の判断は遅かったのではないか
 丸山大会会長「4日の時点であらゆる対策を尽くしたかと言うと、尽くしてないという判断だった。大人の責任としてもっとやらなければならないと。遅かったというご批判もあるが、4日の段階で最善を尽くしていないのに中止と判断するのは、説明責任を果たせないと考えた」

 ※補足 消毒液は球場内12箇所に設置準備を整えていた。除菌効果が期待される脱臭機を17台設置を予定していた。マスクは1人3枚くらいを想定して、要望に対して対応できるだけの準備はしていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月11日のニュース