北別府氏 センバツ中止に「選手達は辛いだろうな、、」

[ 2020年3月11日 19:22 ]

北別府学氏
Photo By スポニチ

 広島のエースとして通算213勝を挙げ、1月20日に「成人T細胞白血病」を患い療養に入ることを公表した野球解説者の北別府学氏(62)が11日、自身のブログを更新。新型コロナウイルス感染拡大の影響で19日から甲子園で予定されていた第92回選抜高校野球大会が中止になったことについて「辛い結果となってしまいました」とつづった。

 北別府氏は宮崎の都城農出身。高校時代には甲子園に出場はできなかった。今回は出場を決めながら、大会が中止となったことで球児たちを思いやり「闘病中にセンバツを観ることになるなと思っていました。無観客試合で開催だろうと願っていましたが、選手達は辛いだろうな、、、移動、宿泊、準備など様々な事を検討した結果だとは分かっていますけど、高校野球ファンにとっても辛い結果となってしまいましたね」とし、「選手の皆さん、夏に向けて頑張ろう!君たちの頑張る姿は、この騒動で苦しんでいる人たちを励ますことが出来る!」とエールを送っていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月11日のニュース