足だけじゃない!ソフトB・周東の“1発芸”初OP戦1号含む3安打 意中の二塁で堅守もアピール

[ 2020年2月24日 05:30 ]

オープン戦   ソフトバンク10―4オリックス ( 2020年2月23日    宮崎市清武 )

オープン戦の初回、先頭の周東は右越え三塁打を放つ(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 快足だけじゃない。23日、オリックスとのオープン戦初戦に「1番・二塁」で出場したソフトバンク・周東佑京内野手(24)が、チーム1号となる3ランを含む2長打で3安打3打点。守備でも内外野3ポジションを無難にこなした。昨年3月に支配下登録され、チームの3年連続日本一とプレミア12の優勝に貢献した韋駄天(いだてん)が、レギュラー争いで最高のアピールを遂げた。

 9回。三塁の守備位置で最後の打者・大城の捕邪飛を見届けた周東は、マウンド上で跳びはねて喜んだ。

 「ここまで、あれだけ打てていなかったのでオープン戦1つ目で打てて良かった」。前日までの実戦4試合では14打数2安打。欲しかった結果が出た。

 まずは初回、荒西の140キロ直球を右越え三塁打とした。「1本目が出てからホッとしました。飛ばそうと思わず、強い打球を意識して改善した結果」。3回には128キロスライダーをライナーで右翼席へ先制3ラン。5回には先頭で2番手・山崎福の102キロカーブを右前へ運ぶと、一塁走者として次打者の暴投で一気に三塁へ到達した。

 二塁打が出ればサイクル安打だったが、二ゴロ併殺と左飛に倒れ「めちゃめちゃ意識しました。狙っても駄目ですね」と苦笑。工藤監督も「(塁に)出たら盗塁を考えていたが、それを上回るバッティングでした」と手放しで称え「足がある人が出塁すると圧をかけられる」と続けた。正二塁手を争う牧原が22日に腰痛で別メニュー調整となったばかりで、奮闘に目を細めた。

 レギュラー獲りを目指し、オフには今宮との自主トレで「全てにおいて去年よりいい数字を残したい。形より量を振る。振れないと駄目」と連日3~4時間の打ち込み。今キャンプは下半身主導でタイミングを取る形に磨きをかけてきた。打率・196に終わった昨季は114打席で1本塁打ながら、この一発はプロ初スタメンでのプロ初安打でもあった。稲葉監督が率いた18年秋のU23W杯でも本塁打を放つなど、意外なパンチ力も秘める。安定した成績を残すべく努力を重ね、立花打撃コーチも「下半身が強くなった感じはあるね」と成長を認める。

 自主トレではグラブの使い方、送球の基本を今宮から学び、この日の守備でも二塁から左翼、三塁を務めて内野ゴロを4度さばくなど堅守も披露した。「1試合で、できただけ。試合は続くので、浮つかずにアピールしないと。気を引き締めていきます」。ここぞの切り札だけでなく、スタメンでも輝く。(井上 満夫)

 ◆周東 佑京(しゅうとう・うきょう)1996年(平8)2月10日生まれ、群馬県出身の24歳。東農大北海道オホーツクから17年育成ドラフト2位でソフトバンク入団。18年10月のU23W杯に出場。昨年3月26日に支配下選手登録され、チームトップの25盗塁。父親のいとこが元陸上110メートル障害日本記録保持者で、92年バルセロナ五輪出場の岩崎利彦氏。1メートル79、66キロ。右投げ左打ち。

 ○…昨季ソフトバンクの1番は牧原や明石ら10人が務めた。最多出場は牧原の54試合。最多本塁打は福田の4本で、最多盗塁は牧原と川島の4盗塁。周東は5試合で打率.200、0本塁打、1盗塁だった。周東は昨季25盗塁。盗塁成功率は.833だが、先発した試合に限れば9度試み全て成功している。パンチ力のついた周東が1番のみでシーズン2桁本塁打&30盗塁を記録すれば、チームではダイエー時代の92年佐々木誠以来28年ぶりとなる。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月24日のニュース