広島・大瀬良 内角エグった!開幕へ順調3回5安打1失点 右の強打者封じ手応え

[ 2020年2月24日 05:30 ]

オープン戦   広島14-2阪神 ( 2020年2月23日    コザしんきん )

オープン戦初登板した大瀬良は、阪神打線相手に3回1失点(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 開幕に向けた照準はしっかりと定まっていた。2年連続の開幕投手の指名を受けた広島・大瀬良が阪神戦でオープン戦初登板し、3回5安打1失点。「5安打なので、良かったの一言では終われない」と言いながらも、収穫はしっかり手にしていた。

 初回1死一塁では糸原を143キロで遊ゴロ併殺。2回無死一塁でも木浪を137キロカットボールで二ゴロ併殺だ。手応えがあったのは次打者・上本の打席だった。カウント2―2からの6球目。140キロ直球で内角を突いて見逃し三振。狙った1球だった。

 「良かったのは、右の内角をつけたこと。昨年は内角にコントロールできなくて苦しくなった。今日はある程度投げ切れた」

 内角を攻め切れれば、投球の幅は広がる。昨年は巨人・坂本との対戦で被打率・444、岡本とも同・429。勝負強い右をどう抑えるか。取り組んできたテーマへ大瀬良は着実に前進している。

 「開幕投手として見られる中で結果、内容も伴わないとダメ。打たれたけど、例年より悪くない。詰めるところを詰めていいものを出していきたい」

 佐々岡監督も「気にする内容じゃない。任せてもしっかりやってくれる」と信頼を寄せた。3・20中日戦に向け、エースはピッチを上げる。(鈴木 光)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月24日のニュース