ロッテ・二木 3回2失点も開幕へ課題「変化球が抜けることが多かった」

[ 2020年2月24日 05:30 ]

練習試合   ロッテ3―4西武 ( 2020年2月23日    春野 )

ロッテの先発・二木(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 ロッテの開幕投手候補の二木が先発し、3回4安打2失点だった。

 初回、2回は西武の上位打線を無安打に抑え「投げてる球は前回より少しは良くなった」と手応えを口にしたが、3回は3連打などで失点。追い込んでから痛打される場面もあり「変化球が抜けることが多かった。体の開きが早いからだと思う」と課題を口にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月24日のニュース