DeNA オープン戦負けなし4連勝 先発今永好投&オースティンに一発

[ 2020年2月24日 16:05 ]

オープン戦   DeNA5―2日本ハム ( 2020年2月24日    名護 )

<オープン戦 日・D>5回1死、オースティンが左越えソロを放つ(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 プロ野球は各地でオープン戦が行われ、DeNAは日本ハムと対戦。投打がかみ合い5―2で勝利して、オープン戦4連勝と好調を維持している。

 DeNA打線は3回に2番手・ロドリゲスに対し、2死満塁として4番・佐野の右翼線2点二塁打で先制。2―1の5回には好調の2番・オースティンが3番手・斎藤から左越えソロ。6回には7番・伊藤光の右犠飛などで追加点を挙げた。

 投げては、先発の今永が4回3安打1失点、2奪三振と好投。2番手では左前腕部打撲をしていた山崎が負傷後初の実戦マウンドへ上がり1イニングを無失点。その後は、国吉、武藤、笠井、三嶋とつないでリードを守った。

 一方、日本ハムは2番手のロドリゲスが2失点、3番手の斎藤が3失点と投手陣に課題が残った。

 ▼今永の話 チェンジアップも浮いていたし、球速も出ていなかった。結果ほど内容は良くない。沖縄ではブルペンでも段階を踏んでできているし、充実したキャンプを送れている。

 ▼山崎の話 実戦の感覚、フィーリングを確かめた。打球が(左腕に)当たったけど、骨じゃなくて大事に至らなくて良かった。まだ腫れが引かないし、内出血もある。今日は無事に投球ができて良かった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月24日のニュース