広島・安部 OP戦1号で堂林との一塁争いし烈化「チーム内の競争もあるけど…」

[ 2020年2月24日 15:44 ]

オープン戦   広島―巨人 ( 2020年2月24日    那覇 )

<巨・広>初回2死一、二塁、サンチェスから3ランを放つ安部(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 広島・安部友裕内野手(30)がオープン戦1号を放った。初回2死一、二塁でカウント1―1からのサンチェスの148キロ直球を右翼席へと運ぶ3ランとした。

 「風も後押ししてくれた。直球から入って、ひと振りで捉えられるようにと意識している」

 一塁最有力の松山が腰部痛で離脱し、開幕に間に合うかは不透明。松山不在の場合の一塁争いは、安部と堂林に絞られる中、堂林は前日までの対外試合6試合で16打数9安打と好調な打撃で猛アピールしている。安部もオープン戦1号で開幕一塁争いがし烈化する中、「チーム内の競争もあるけど、日本一に貢献できるしたい」と謙虚に意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月24日のニュース