ソフトBの育成3年目・リチャード、初OP戦で場外弾 好調3戦連発

[ 2020年2月24日 05:30 ]

オープン戦   ソフトバンク10―4オリックス ( 2020年2月23日    宮崎市清武 )

オープン戦の8回2死、ソロを放ったリチャードは尾形(左)と抱き合って喜ぶ(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 支配下選手登録へ向けてアピールを続ける育成3年目のソフトバンク・リチャードがオリックス戦に「8番・三塁」で先発出場。3回に左前打を放つと8回は左翼場外に推定130メートル弾を運び「大きいのを狙っていたというより、直球を待っていた」と振り返った。

 自身初のオープン戦出場。3回の初打席に立つと相手捕手の若月から「足、震えてるよ」と優しく指摘された。「(若月と)2人で笑っちゃいました」と一気にリラックス。現役の三塁手では最重量となる体重112キロの巨体を生かしたパワフルな打撃で、この日も結果を残してみせた。

 これで20日の紅白戦、22日のJR西日本との練習試合に続く「3試合連発」も、浮かれることはない。「アピールになったとは思うけど育成の立場なので喜ぶのではなくて、これでもかというくらい打たないと」と表情を引き締める。20歳の若武者は「吉報」が手元に届くまで、妥協することなくフルスイングを続ける。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月24日のニュース