ロッテが宮崎入り 西武とチャーター機で移動 平成&令和の「怪物」はニアミス

[ 2020年2月24日 14:38 ]

<ロッテ 宮崎移動>高知空港から宮崎行きのチャーター機に乗り込む佐々木朗 (撮影・西川 祐介)
Photo By スポニチ

 ロッテが24日、高知から宮崎入りした。前日までは西武と練習試合を行ったこともあり、2球団が一緒にチャーター機で移動した。注目された「令和の怪物」と呼ばれるロッテのドラフト1位・佐々木朗希投手(18=大船渡)と古巣・西武に復帰した「平成の怪物」こと松坂大輔投手(39)の接触は、この日もニアミスに終わった。

 25日には、開幕で激突する昨年日本一のソフトバンクと練習試合を行う。ここまで対外試合は2連勝してから7連敗となっている井口監督は「まだまだ、調整段階。主力も出ていない。でも、明日からはしっかりとした作戦もやろうという話になっている。細かいプレーもどんどん出てくると思う」と戦闘モードを宣言した。

 29日からは本拠地・ZOZOマリンでオープン戦もスタートするだけに、指揮官は「明日からは角中が合流する。荻野はマリンくらいからになるんじゃないですかね。清田を含め、レアードも来る。そこまでが若手のアピールの場所となる」と若手の奮起も期待した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月24日のニュース