大谷 26日「DH」でオープン戦初陣 マドン監督「新フォーム心配していない」

[ 2020年2月24日 02:30 ]

大谷(右)は雨天のため室内練習場で体を動かした(撮影・柳原 直之)
Photo By スポニチ

 エンゼルス・大谷が25日(日本時間26日)のレッズ戦にDHでオープン戦初出場することが決まった。ジョー・マドン監督が公表し、大谷の右足を上げる新打撃フォームについて「彼は成功しているし、心配していない。やりたいようにやってほしい」と信頼を寄せた。

 この日はホームでオープン戦の初陣となるロイヤルズ戦が組まれていたが、大雨で3月6日(同7日)に延期。球団広報によれば球団のオープン戦の試合前の中止発表は松井秀喜が所属した10年3月7日のアスレチックス戦以来、10年ぶりの珍事だという。大谷はウエートルームや屋内打撃練習場などで汗を流した。(テンピ・柳原 直之)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月24日のニュース