中日・京田が“韋駄天”発揮!同点“ランニングホームラン”

[ 2020年2月24日 14:36 ]

オープン戦   中日―楽天 ( 2020年2月24日    北谷 )

<中・楽 OP>4回裏1死一塁、京田は右前打を放ち、右翼手・田中が後逸する間に一気に生還する(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日・京田が韋駄天ぶりを見せつけた。1―3の4回1死一塁でシャギワの直球を捉え、右前に運んだ。

 さらに右翼手・田中が打球を後逸。外野フェンスに向かって転がる間に快足を飛ばし、三塁ベースを蹴ると最後はホームへヘッドスライディング。

 記録上は安打+敵失とはいえ、結果的に同点の“ランニングホームラン”となり、泥だらけのユニホームでナインとハイタッチした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月24日のニュース