DeNA・佐野 待望のオープン戦初安打、筒香後継4番ホッ「やっと出て良かった」

[ 2020年2月24日 17:28 ]

オープン戦   DeNA5―2日本ハム ( 2020年2月24日    名護 )

<日・D>3回2死満塁、佐野が先制の右2点適時二塁打を放つ(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 レイズに移籍した筒香の後を継いで4番に座る佐野が、待望のオープン戦初安打を放った。

 3回2死満塁の第2打席で、右翼線に先制の2点二塁打。オープン戦4試合、11打席目での初安打に「やっと1本出て良かった」とホッと息を吐いた。

 昨季まで筒香が担っていた重責。「4番は毎打席、走者がたまったチャンスで回ってくる。タイムリーを打って、打点を稼げる打席を増やしたい」

 その筒香も、海の向こうでオープン戦初打席初安打。佐野は「テレビでヒットは見ていた。やっぱりすごいな、と思いました」と笑顔で話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月24日のニュース