DeNA・オースティンまた打った!OP戦打率10割、ラミレス監督「ベリーグッド」

[ 2020年2月24日 05:30 ]

オープン戦   DeNA7―4中日 ( 2020年2月23日    北谷 )

<中・D>2回、オースティンは左越え二塁打を放つ(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 また打った。DeNAの新外国人オースティンが2打数2安打1四球で、実戦5試合で10打数8安打と絶好調。打率8割、オープン戦に限れば5打数5安打の10割だ。「試合にも勝ったし、個人の成績にも満足している。ボールを強く叩くことを意識していた」と胸を張った。

 22日の楽天戦は先発出場予定だったが、右肘に張りが出たため大事を取って欠場。たまったパワーを初回からぶつけた。無死一塁で大野雄から左中間二塁打を放つと、2回には左二塁打。開幕投手を務める左腕を「悪いボールではなかったが、うまく打たれた」と言わしめた。

 5回の第3打席は柳から冷静に四球を選び、5試合で4四球。ラミレス監督も「しっかり見極めていた。ベリーグッド」と称えた。「結果を残すことは大事だが、安打を打つために試合に出ているわけではない。日々一生懸命やっていきたい」とオースティン。謙虚な助っ人が2番に座る新打線が機能し、チームはオープン戦3連勝と好発進した。(町田 利衣)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月24日のニュース