中日・根尾がオープン戦初安打 盗塁も 足で先制点生み出す

[ 2020年2月24日 14:07 ]

オープン戦   中日―楽天 ( 2020年2月24日    北谷 )

<中・楽 OP>3回裏1死一、三塁、福田の中犠飛で、三塁走者・根尾は本塁に滑り込み生還する(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 オープン戦3試合目で初の先発出場となった中日・根尾が足で先制点をもぎ取った。

 0―0の3回、先頭で右前打。則本の内角カットボールをバットを折り、つまりながらもヒットにした。さらに1死から二盗に成功し、チャンスを拡大。三進後、福田の中犠飛でバックホームをかいくぐって本塁に滑り込み、貴重な先制点を生み出した。 

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月24日のニュース