広島、無傷のオープン戦3連勝 安部3ランなどで初回5点 小園、途中出場で1号弾含む3安打2打点

[ 2020年2月24日 16:35 ]

オープン戦   広島9―8巨人 ( 2020年2月24日    那覇 )

<巨・広>初回2死一、二塁、サンチェスから3ランを放つ安部(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 13安打を放った広島が9―8で巨人との打ち合いを制してオープン戦開幕から無傷の3連勝を飾った。

 広島は初回、3番・坂倉の三塁打と4番・鈴木誠の犠飛で2点を入れた後、安部が右越え1号3ランを放って一挙5点を先取。3回には西川とピレラの適時打で2点を加え、一時は6点をリードした。その後、徐々に追い上げられたが、8―7で迎えた9回に石原貴、小園の連続二塁打で貴重な追加点を入れ、最後は5番手・岡田が連続四球から失点して1点差まで追い上げられたが逃げ切った。

 2年目の小園は途中出場でオープン戦1号ソロを含む3打数3安打2打点の活躍。投手陣では先発の九里が3回3安打2失点(自責1)、3番手の矢崎が1回2安打2失点、4番手・アドゥワが3回6安打3失点だった。

 巨人は1イニング限定で先発マウンドに上がった新助っ人のサンチェスが安部の3ランを含む5安打5失点。4番・岡本が3回の犠飛と5回の2点適時二塁打で3打点を挙げる活躍を見せた。9回には連続四球で築いたチャンスに中島の適時打で1点差まで追い上げたが及ばなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月24日のニュース