DeNA・今永 4回3安打1失点、失点は犠飛のみ

[ 2020年2月24日 14:43 ]

オープン戦   DeNA―日本ハム ( 2020年2月24日    名護 )

<オープン戦 日・D>DeNA先発・今永(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 DeNAの今永昇太投手(26)が24日、沖縄・名護で行われた日本ハムとのオープン戦に先発登板。4回を投げ、3安打1失点だった。

 初回、先頭の西川を捕邪飛に打ち取ってスタート。その後、安打で1死一塁とするが、3番・近藤の二直で一塁走者・渡辺が飛び出し、併殺で切り抜けた。初回をわずか6球で終えた今永は2回も4番・中田を遊飛、5番・ビヤヌエバを空振り三振、6番・横尾を遊ゴロと3人で仕留めた。

 2点の援護をもらった3回。安打と犠打で1死二塁とピンチを迎えるが、9番・松本を三飛、1番・西川を二ゴロに打ち取るなど落ち着いた投球。4回は1死三塁から4番・中田に中犠飛を打たれるが、追加点は与えなかった。

 今永は4回で打者14人に対し、52球を投げ、3安打1失点2奪三振という結果だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月24日のニュース