西武・松本 今年こそ開幕ローテ!対外試合初登板で3回無安打零封「ちょっと自信にしたい」

[ 2020年2月24日 05:30 ]

練習試合   西武4―3ロッテ ( 2020年2月23日    春野 )

ロッテとの練習試合に先発し3回無失点の松本 (撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 西武の2年目右腕・松本が、開幕ローテーション入りへ好発進した。ロッテとの練習試合に先発し対外試合に初登板。3回を無安打無失点と快投した。

 3回先頭の安田との対戦では、100キロ台のカーブで唯一の三振を空振りで奪った。「(捕手の)森さんから“打たれてもいいのでゾーン(大きい制球範囲)で攻めろ”と言われていた。それを練習してきたし、いい感じで三振が取れた」。打者10人に飛球が7。直球は140キロ台前半が中心だったが、伸びのある直球を武器に大胆に攻め、打者にボールの下を叩かせた。

 今キャンプは下半身の切れを出すため、体全体の力感をなくす形づくりを意識し「投球のバランスが良くなった」と胸を張る。見届けた辻監督にも「投球はスピードガン以上に感じた。ブルペンより実戦の方が良く見える」と狙い通りの印象を与えた。

 日体大からドラフト1位で入団した昨季は開幕3戦目に先発予定だったが、直前に軽い肺炎を発症。デビューが遅れ、5月19日にプロ初登板初先発で初勝利を挙げるなど7勝4敗、防御率4・54をマークした。今季はここまで順調だが、新型コロナウイルスによる肺炎が拡大していることもあり「やっぱり怖さがあります。細心の注意を払って感染予防をしている」とケアに努めている。

 1月1日には大学の同級生だった一般女性と結婚。元日婚は、開幕ローテーション入りへのモチベーションにもなっている。「今年は精神的にも違う。今日の投球をちょっと自信にしたい」。2年目の飛躍へ。好調な滑り出しに、舌も滑らかだった。(大木 穂高)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月24日のニュース