中日 大野雄「感謝」の最優秀防御率

[ 2019年10月1日 05:30 ]

セ・リーグ   中日0―3阪神 ( 2019年9月30日    甲子園 )

3回1/3を無失点を無失点に抑え防御率1位となり笑顔で降板する大野雄(右から2人目)(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 中日・大野雄が3回1/3を無安打無失点で防御率2・58とし、最優秀防御率の初タイトルを獲得した。4回1死の時点で広島・ジョンソンの2・59を上回ったため降板。「個人記録を獲るためにわがままを許してもらい、感謝しています。まさか自分が獲れるとは思っていなかった」と喜んだ。

 昨季未勝利に終わったが、9月14日の阪神戦でノーヒットノーランを達成するなどリーグ最多177回2/3を投げた左腕は「何年も続けていきたい」と誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月1日のニュース