雄星、メジャー1年目を振り返り納得「マイナス面あるがローテ守れた」

[ 2019年10月1日 05:30 ]

マリナーズの菊池雄星(AP)
Photo By AP

 マリナーズの菊池は1年目を「マイナス面はあるが、32試合投げられた。160イニング投げ1年間ローテーションを守れたのは大事にしたい」と振り返った。

 6勝11敗、防御率5・46で、規定投球回には1アウト届かず。ポイントは直球の球速とし「いい時は数字もいい。打たれる時は落ちている」と説明。楽しかったのは「断トツでイチローさんと一緒にいること」と言い、「うまくいかない時の取り組みなど聞くことで、一年を乗り越えられた」と感謝した。 (シアトル・笹田幸嗣通信員)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月1日のニュース