プロ野球の戦力外通告がスタート 初日は7球団44選手 第1次通告期間は4日まで

[ 2019年10月1日 21:39 ]

巨人・森福
Photo By スポニチ

 プロ野球は選手へ来季の戦力外を伝える第1次通告期間が1日にスタートし、5年ぶりにセ・リーグ優勝を果たした巨人など両リーグ合わせて7球団が計44選手に通告を行った。第1次通告期間はクライマックスシリーズ(CS)開幕前日の4日まで。第2次通告期間はCS全日程終了の翌日から原則として日本シリーズ終了翌日までとなっている。

 1日に各球団が戦力外通告を発表した選手は以下の通り。※巨人の自由契約7選手は除く

 ▼セ・リーグ

 【巨人】森福允彦、坂本工宜、アダメス、マルティネス、山下亜文、田島洸成

 【ヤクルト】村中恭兵、岩橋慶侍、沼田拓巳、大引啓次、山川晃司

 【DeNA】綾部翔、寺田光輝、中後悠平、田村丈、水野滉也、西森将司、大河(松尾大河)、狩野行寿、中川大志、青柳昴樹

 【中日】武山真吾、亀沢恭平、杉山翔大、友永翔太、近藤弘基

 ▼パ・リーグ

 【日本ハム】中村勝、田中豊樹、立田将太、森山恵佑、岸里亮佑

 【楽天】森雄大、池田隆英、福山博之、野元浩輝、井手亮太郎、鶴田圭祐、山田大樹、島井寛仁、橋本到

 【ソフトバンク】中村晨、笠原大芽、島袋洋奨、張本優大

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月1日のニュース