中日 森SD退任へ 友利国際渉外担当も

[ 2019年10月1日 05:30 ]

 中日の森繁和SD(64)が今季限りで退任することが30日、分かった。

 中日では投手コーチやヘッドコーチを務め17、18年は監督としてチームを指揮。監督は昨季限りで退いたが、中南米を中心に外国人選手の獲得に太いパイプを持っており、SDとして編成部門を担当していた。ただ、チームは7年連続Bクラスに沈むなど低迷が続き、現場、編成どちらにも携わった森SDが退任することとなった。併せて友利結国際渉外担当(52)ら、編成部門のメンバーも退任する見通しだ。

 ≪松坂近日中に3度目の会談≫加藤宏幸球団代表は、松坂と近日中に3度目の話し合いをする予定であることを明らかにした。「彼の最終的な結論を待っているという状況。早くお互いにすっきりしたいと思っている」と話した。27日の会談では球団側が来季の契約の意思を示したが、条件提示はなかった。右肩や右肘のケガもあり今季未勝利に終わった松坂は会談後、熟考する意向を示している。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月1日のニュース