広島 CS進出逃す 緒方監督「責任は監督に」

[ 2019年10月1日 05:30 ]

27日、今季の公式戦を終えあいさつする緒方監督
Photo By スポニチ

 阪神に逆転を許し、CS進出を逃した広島・緒方監督は「チームの勝利の責任は監督にある。こういう形になり、一生懸命に頑張ってくれた選手、コーチ、そして何よりもファンの方々に申し訳ない」と球団を通じコメントした。

 前日から全体練習を再開し、この日は本拠地で紅白戦を実施してCSに備えたが、大どんでん返しで4位転落。勝てばCS進出だった27日の今季最終戦で中日に競り負けたのが痛恨だった。リーグ4連覇どころか4年ぶりのBクラスに沈み、まさかの終戦となった。

 ≪奪還へ助っ人再編≫広島はペナント奪還を目指して外国人選手の再編に入る。今季11勝を挙げたジョンソンは既に来季の契約を結んおり、6年目もプレーする。6年契約の4年目となるメヒア、6年契約の3年目を迎えるフランスアの残留も確実だ。ドーピング違反で出場停止処分を受けたバティスタ、レグナルト、ヘルウェグ、ローレンスらは未定。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月1日のニュース