ソフトB 四球をなくして「先頭斬り」厳命

[ 2019年10月1日 05:30 ]

 ソフトバンクの森ヘッドコーチが楽天とのCSファーストSでのポイントに「先頭斬り」を挙げた。

 「短期決戦はミスをした方が負ける。投手は先頭打者への四球が失点につながる。回の先頭を丁寧にやっていく」と無駄な四球を与えないことを厳命した。今季は投手陣がリーグワーストの550与四球。昨季は日本ハムとのファーストSでは3試合27回で、先頭打者に四球を与えたのはわずか2度。打線が計8本塁打を放ち、ファイナルSに進出しただけに、昨年同様の戦いを再現する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月1日のニュース