ロッテ 来季から“ミズノ”ユニ「個別の細かいオーダーに素早く対応」

[ 2019年10月1日 05:30 ]

 ロッテが来季からユニホームメーカーを変更することが30日、分かった。05~19年までメジャー全30球団と独占契約を結ぶ米大手のマジェスティックから国内最大手のミズノへと移行する。

 3年契約が切れることもあるが「軽さなど素材の向上と、個別の細かいオーダーにも素早く対応できるようになる」と球団関係者。価格よりも、選手のプレーしやすさを追求していく結果「国産」への回帰につながったようだ。

 この変更に伴い、14年から使用されてきたビジターユニホームのデザインが一新されることも決まった。また、ホームユニホームも一部変更される予定。新調されるユニホームを追い風に3年目の井口ロッテが、勝負のシーズンを迎える。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月1日のニュース