楽天・橋本到が戦力外 巨人から今季トレードで加入も…「このまま終われない」

[ 2019年10月1日 17:57 ]

楽天の橋本到
Photo By 共同

 楽天の橋本到外野手(29)が1日、球団から来季の契約を結ばないと通告されたことを明かした。この日の午後、仙台市内の球団事務所で戦力外を通告され「来季は契約を結ばないという話をされました」と話した。

 仙台育英出身で、08年ドラフト4位で巨人に入団。怪我の影響もあって18年は1軍での出場機会がなく、今季から金銭トレードで楽天に加入した。移籍1年目の今季は、11試合で9打数無安打という成績に終わり「このまま終われないという気持ちはある。興味を持ってくれる球団があれば、やれるところまでやりたい。トライアウトは受けることになると思うので、しっかり準備はしたい」と現役続行への意欲を口にした。

 宮城県出身の橋本にとって、楽天は地元球団でもある。「地元の球団で終われれば幸せだなと思ってやってきた。来年もやれればパフォーマンスも上がると思っていたので、悔しさもある」と神妙な面持ちだった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月1日のニュース