広島 今季初3連勝でカード勝ち越し!床田7回1失点で3勝目

[ 2019年4月20日 17:17 ]

セ・リーグ   広島9―2DeNA ( 2019年4月20日    マツダ )

<広・D>4回表2死満塁、バティスタの2点適時打で生還しナインとタッチを交わす菊池涼と田中広(右) (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 広島打線が今季最多12安打を記録し、DeNAに9―2で快勝。今季初の3連勝、そしてカード勝ち越しを飾った。

 3回に田中広の犠飛で先制すると、続く4回に安部の適時二塁打、田中広の2点適時打など5長短打で6点を加えた。床田は7回1失点で3勝目。

 DeNAは筒香の2本塁打による2点のみで4連敗となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月20日のニュース