広島 広輔3打点で不振脱出!チームも不振抜けた~!

[ 2019年4月20日 15:42 ]

セ・リーグ   広島―DeNA ( 2019年4月20日    マツダ )

<広・D>4回表2死満塁、田中広は中前に2点適時打を放つ (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 広島・田中広輔内野手(29)は、安部の適時打で2点差に広がった4回2死満塁で、DeNA先発・井納から中前へ2点適時打を放った。3回の先制犠飛に続く、この日3打点目となった。

 「打ったのはカーブ。とにかく積極的に打ちにいきました。追加点になってよかったです」

 試合前打率・162と低調だった1番の復調に刺激されるように、菊池涼、バティスタにも適時打が飛び出して、4回までに7得点。チーム打率・211と元気のなかった打線が、久々に序盤から猛攻を仕掛けた。

 ▼広島・安部 打ったのはストレート。みんながつないでくれたので、自分もつなぐ気持ちでいきました。

 ▼広島・菊池涼 フォークかな。たまたまはねてくれましたね。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年4月20日のニュース