雄星 大谷と1年半ぶり再会、初勝利へ“6度目の正直”だ

[ 2019年4月20日 02:30 ]

エンゼルスタジアムで再会した大谷(左)と菊池(Angels Baseball提供)
Photo By 提供写真

 マリナーズ・菊池も大谷との再会を喜んだ。キャッチボールを終えたところに走り寄ってきた後輩とガッチリ握手。約15分間も話し込み「ああいうスーパースターになっても、こうやってあいさつしに来てくれる。あんなにいい子はいないです」とうれしそうに話した。

 約1年半ぶりの再会。1年先に海を渡った後輩に米国生活などについて教えてもらい「同じところ(高校)を出て、同じ目標、メジャーでやりたいと思った一人の人間として、僕も負けていられない」と刺激も受けた。先発する20日(日本時間21日午前10時7分開始)のエンゼルス戦は大谷の目前でマウンドに上がる。「ここ(メジャー)で長い時間を一緒にプレーして、僕も負けないようにお互い切磋琢磨(せっさたくま)し合っていきたい」。まずは6度目の先発で、メジャー初勝利を目指す。(笹田 幸嗣通信員)

続きを表示

この記事のフォト

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年4月20日のニュース