ヤクルト川端 今季初打席でプロ1000安打達成

[ 2019年4月20日 16:34 ]

セ・リーグ   中日―ヤクルト ( 2019年4月20日    ナゴヤD )

<中・ヤ>6回表1死一、二塁、代打・川端は通算1000本安打となる左前適時打を放ち、花束と記念ボードを手に頭を下げる(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 ヤクルト・川端慎吾内野手(31)が20日、通算1000安打を達成した。中日戦(ナゴヤドーム)で1点リードの6回2死一、二塁の場面で村上の代打で出場。中日・柳の外角低めへの128キロチェンジアップを左前に落とし、1点を追加した。

 「(勝ち越し打を打った)西浦の流れに乗って打つことができました」。腰のケガを抱える川端は今季、開幕から2軍での調整が続き19日に初めて出場選手登録されたばかり。今季初出場初打席でいきなり結果を残した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年4月20日のニュース