DeNA筒香 死球受けた広島・床田からソロ本塁打!

[ 2019年4月20日 16:16 ]

セ・リーグ   広島―DeNA ( 2019年4月20日    マツダ )

<広・D>6回表1死、筒香は右越えにソロ本塁打を放つ (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 DeNA・筒香嘉智外野手が右肘死球から復帰後初アーチを架けた。

 0―7の6回1死。床田の速球を捉えて右翼席まで運んだ。4月9日阪神戦(甲子園)以来の一発に「ボールに対して素直にバットを出せ、自分のスイングで捉えることができました」と振り返った。

 13日の広島戦(横浜)でこの日と同じ先発の床田から右肘に死球を受けて負傷交代。その後3試合欠場していた。スタメン復帰した前夜は4打数無安打で8回の守備から退いた。「今日床田君がしっかり投げてきて、それでファンの方にいい勝負を見せられれば」と話していた主砲が、完璧な一撃を放った。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年4月20日のニュース