ソフトB、今宮の6号ソロで先制!9試合ぶり弾「芯で捉えられた」

[ 2019年4月20日 14:44 ]

パ・リーグ   西武―ソフトバンク ( 2019年4月20日    メットライフD )

<西・ソ(5)>1回2死、今宮が右越え先制ソロを放つ(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクの今宮健太内野手(27)が初回、6号ソロを放った。2死、カウント1―2からの3球目、西武・今井の150キロの直球を仕留めた。

 打球はぐんぐんと伸び、右翼席ポール際に着弾。「しっかり芯で捉えられた。先制はしたけど、今季初登板のスアレスを援護していきたい」と振り返った。4月10日の日本ハム戦以来、9試合ぶりとなるアーチで先制した。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年4月20日のニュース