駒大 執念の連敗ストップ 4番・平野が決勝スクイズ

[ 2019年4月20日 05:30 ]

東都大学野球春季リーグ戦第2週第2日   駒大6―4中大 ( 2019年4月19日    神宮 )

<中大・駒大>8回1死一、三塁、駒大・平野(左から2人目)が投前決勝スクイズを決めナインに出迎えられる(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 駒大は終盤に執念を見せて連敗を3でストップした。4―4と同点に追い付かれた直後の8回、4番・平野が決勝スクイズ。「ずっと練習してきたのでスクイズは頭にあった。どんな形でも点を取りたかった」と振り返った。今季から4番に座るがここまで打点なしと苦しんだだけに「やっとチームに貢献できた」と笑顔。大倉孝一監督も「ようやくリーグ戦の戦い方ができた」と3回戦を見据えた。

 ▼中大・清水達也監督(8回に一時同点も惜敗)4回無死満塁の好機を生かせなかったのが痛かった。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年4月20日のニュース