ライアン粘投も2敗 セ開幕投手で唯一勝ちなし

[ 2019年4月20日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト2―4中日 ( 2019年4月19日    ナゴヤD )

力投する先発の小川(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 ヤクルト・小川が6回6安打3失点で今季2敗目を喫した。同点の4回1死一塁から阿部に高めに浮いた142キロカットボールを左中間席まで運ばれた。「カウントを悪くしてストライクを欲しがってしまった。前回登板に比べてボールは良くなっていたが」と悔しがった。

 セ・リーグの開幕投手で唯一、勝ち星がなく、自己最長を更新して開幕から4試合勝利なしとなった。小川監督は「粘っていたが、同じ打者に打たれ、もったいなかった」と語った。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年4月20日のニュース