平野 今季初S、1回1安打無失点に「勝てたことが一番」

[ 2019年4月20日 02:30 ]

ナ・リーグ   ダイヤモンドバックス4―1ブレーブス ( 2019年4月18日    アトランタ )

<ブレーブス・ダイヤモンドバックス>9回に登板し、今季初セーブを挙げたダイヤモンドバックス・平野(AP)
Photo By AP

 ダイヤモンドバックスの平野が4―1の9回に救援し、1イニングを1安打無失点で今季初セーブを挙げた。4連勝に貢献し「チームが勝てたことが一番」と笑顔で汗を拭った。

 連投中だった抑えのホランドの代役として、試合前に首脳陣からセーブが付く場面での登板を伝えられた。「去年もやっているし、準備の仕方は変わらない」と自然体で臨み、1死一塁では通算184本塁打の代打ドナルドソンを追い込んでから直球を続け、空振り三振を奪った。トーリ・ロブロ監督は「リリーフ陣が良かった。特にヨシ(平野)がね」と称えた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年4月20日のニュース