楽天・安楽4失点に「申し訳ない」平石監督は次戦に期待

[ 2019年4月20日 05:30 ]

パ・リーグ   楽天4―5オリックス ( 2019年4月19日    楽天生命パーク )

6回2死一、二塁、メネセスに適時打を打たれ厳しい表情の安楽(撮影・西海健太郎)   
Photo By スポニチ

 楽天は7回に足立の2年ぶりの一発となる左越え1号ソロで追い付いたが、9回に4番手・青山が頓宮に勝ち越しソロを浴びた。先発の安楽は2本塁打を含む6回4失点。打線が勝ち越した直後の6回に連続適時打を許して逆転され「皆さんに申し訳ない」と言葉も少なかった。

 球団通算900勝に王手をかけた一戦だったが、お預けで3連勝もならず。平石監督は「(山岡から)4点はよく取れた。安楽も悪くはなかったが、ボールにもうひとつ意図を持てば成長する」と次戦に期待した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年4月20日のニュース