ソフトB打順変更が奏功 初3番の今宮&2年ぶり4番の松田が応えた

[ 2019年4月20日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク2―0西武 ( 2019年4月19日    メットライフD )

3回2死一、三塁、先制の右前適時打を放つ今宮(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 思い切った打順変更に、選手たちが応えた。ソフトバンクは今宮をプロ初の3番、松田宣を17年6月以来の4番に据える、新オーダー。3回2死一、三塁から今宮が「負けられないので、何が何でもという気持ちだった」と右前へ先制打し、松田宣はしぶとく中前へ適時打を放った。

 松田宣は今季初の1試合3安打をマークし「何番だろうがいつもの打撃をするだけ。チャンスで打てて良かった」と胸を張った。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年4月20日のニュース