西武、初の零敗で最下位転落 辻監督「千賀が良かった」

[ 2019年4月20日 05:30 ]

パ・リーグ   西武0―2ソフトバンク ( 2019年4月19日    メットライフD )

帽子に手をやり、スコアボードをみつめる辻監督(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 西武は千賀に8回まで2安打に封じられ、今季初の零敗。辻監督は「今日はこういう(接戦の)試合になると思ったけど、千賀が良かった。打てなかった」。

 打線は5回までノーヒット。3番・外崎は4三振で、千賀には今季6打数無安打で6三振となり「僕が何か変えないと。ああいう投手が来て打てません、じゃ使い物にならない」と悔しがった。チームは今季2度目の3連敗。ロッテと並んで最下位に転落した。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年4月20日のニュース