ロッテ・福浦、2000安打記念植樹 「ダイオウショウ」が選ばれた理由は

[ 2019年4月20日 09:56 ]

2000安打記念の植樹に参加し、記念プレートの前で写真に収まるロッテ・福浦
Photo By スポニチ

 ロッテは20日、福浦和也内野手兼2軍打撃コーチ(43)が昨季、通算2000安打を達成したことを受け、住友林業の協力でZOZOマリン正面エリアにダイオウショウの記念植樹を行った。

 相手投手にとっては「大王(ダイオウ)」のような存在だったことと、母校・習志野高校にもダイオウショウが植えられていることもあり、選ばれた。

 この日、球場を訪れた福浦も式典に参加。「10年、20年後にこの木が大きくなり、あの時、福浦が2000安打打ったんだと思ってもらえればうれしい」と話していた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年4月20日のニュース