日本ハム・栗山監督、シーズン中も大胆シフト採用へ「確率求めながら」

[ 2019年3月26日 05:30 ]

栗山監督(撮影・高橋茂夫) 
Photo By スポニチ

 日本ハム・栗山監督が大胆な守備シフトをシーズン中も採用することを明言した。

 オープン戦では強打者を迎えた際に過去の打球方向のデータに基づいて外野4人や三塁手を二遊間に守らせるシフトなどを採用してきたが「探りながら、確率を求めながらやっていく」と語った。緒方守備チーフ兼内野守備・走塁コーチは、大きく5通りの守備陣形があるとした上で「シーズン中も少しずつ(データを)蓄積していく」と話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月26日のニュース