雄星、本拠初ブルペンでひと安心「神経質にならずに済む」

[ 2019年3月26日 02:30 ]

ブルペンで投げ込む菊池(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 29日(日本時間30日)のレッドソックス戦で先発予定のマリナーズ・菊池が初めて本拠地Tモバイル・パークのブルペンに入った。

 湿度60%の中で42球を投げ「やっぱり(乾燥気候の)アリゾナが滑る場所だったんだと思った。アリゾナの時ほど神経質にならずに済む」と振り返った。初参加のファンフェスタでは菊池のサイン会に日米のファンが大行列をつくる人気ぶりだった。 (シアトル・笹田幸嗣通信員)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月26日のニュース