広陵・河野、自己最速150キロ「出そうと思ったわけでは…」 相手指揮官も称賛「ねじ伏せられた」

[ 2019年3月26日 14:06 ]

第91回選抜高校野球大会第4日第2試合 1回戦   広陵(広島)2―0八戸学院光星(青森) ( 2019年3月26日    甲子園 )

<広陵・八戸学院光星>力投する先発の広陵・河野(撮影・後藤 大輝)
Photo By スポニチ

 第91回選抜高校野球大会は26日、甲子園球場で1回戦の3試合が行われ、第2試合では昨秋の中国大会を制した広陵(広島)が、東北大会の覇者・八戸学院光星(青森)を2―0で下して初戦を突破した。センバツ4回目の優勝を狙う広陵はエースの右腕・河野(3年)が好投。初回にいきなり自己最速の150キロをマークし、被安打3、奪三振8で完封を達成した。

 広陵の河野は初回、八戸学院光星の先頭打者・伊藤(3年)を150キロのストレートで三振に仕留めた。「150キロを出そうと思ったわけではありません。あとは7、8割の力で投げました」と潜在力の片りんをのぞかせながらも制球重視のピッチング。9回最後の打者となった原(3年)の一打が一塁へのライナーとなってアウトになると「力が抜けました。すごくうれしいです」と126球を投げ終えて笑顔をのぞかせていた。

 広陵は2回、連打と四球で無死満塁としたが後続が倒れて無得点。しかし5回、先頭の主将・秋山(3年)が三塁線を破る二塁打を放つと、8番・河野が送って1死3塁。ここで9番・藤井(3年)が「なんとかしようと思っていました」と、左前に運んで先制点を奪った。さらに2死2塁から2番・中冨(3年)の放った一打が二塁への強襲安打となって二走の藤井が生還して2点目。この2点を河野が守って勝利を収めた。

 中井監督は「河野はよく我慢してくれました」と奮闘したエースを称賛。ただし3失策を記録するなど守備面では課題を残した形。指揮官は「原点に返ってやりたい」と次戦に向けて気持ちを引き締めていた。

 一方、八戸学院光星の先発・後藤(3年)は走者を出しながらも4回までは無失点と好投。121球で被安打5と粘ったが、5回の2点が重くのしかかった。

 仲井監督は「河野くんがいい投手であることはわかっていましたが、力でねじ伏せられた感じ。お手上げでした」と敗戦の弁。打率・357を記録していた打線は散発3安打に終わり、勝機をつかめなかった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月26日のニュース