巨人・阿部は代打の切り札 原監督「捕手は今のところ考えてない」

[ 2019年3月26日 06:23 ]

フリー打撃を行う阿部(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 4年ぶりに捕手復帰した巨人・阿部は、代打の切り札として開幕をスタートさせる。

 左ふくらはぎの張りから23日に復帰したばかりの阿部の起用法について原監督が「キャッチャーのポジションは今のところは考えていません。貴重な左の代打」と説明。阿部は「どんな形でも貢献できれば」と話した。捕手は炭谷、小林、大城の3人を臨機応変に起用していく。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月26日のニュース