福知山成美、無念の逆転負け 井本監督「攻撃が思うようにいかず、流れが…」

[ 2019年3月26日 12:11 ]

第91回選抜高校野球大会第4日第1試合 1回戦   福知山成美2―3筑陽学園 ( 2019年3月26日    甲子園 )

<筑陽学園・福知山成美>力投する先発の福知山成美・小橋(撮影・後藤 大輝)
Photo By スポニチ

 5年ぶり3回目の選抜出場となった福知山成美(京都)は秋の九州大会の覇者・筑陽学園(福岡)に逆転負けした。選抜では同校初の初戦敗退となった。

 福知山成美は0―1で迎えた4回表、3番・東原成悟(3年)の遊内野安打と6番・坂優斗(3年)の三塁線を破る二塁打で2死二、三塁の好機を築き、7番・神内秦(3年)の中前適時打で逆転。守ってはエース右腕・小橋翔大(3年)が8回を143球、被安打9の粘投を見せたが、勝利を手にすることはできなかった。

 甲子園初采配での初勝利はならなかった井本自宣監督は「守備は3点以内に抑えようという目標通りでしたが、5点以上取ろうと思っていた攻撃が思うようにいきませんでした。特に中盤以降、塁にも出られず、流れが向こうに行ってしまいました」と振り返り、「変化球を低めに決められ、ウチの打者はみんな、打たされていました」と夏への課題を掲げた。

 先発・小橋については「よく投げました。球数が多くなるのは当初から予想していました。甲子園に出るようなチーム相手だと、際どいコースを突こうとしますから」とねぎらった。また、逆点打を放った神内については「初球から見事でした。枯れ葉冬の間に随分、頑張ったんですよ。その努力の結果が出たんだなあと見ていました」と目を細めた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月26日のニュース