【張本勲氏 パ順位予想】総合力でソフトバンク、日本ハムがダークホース

[ 2019年3月26日 09:20 ]

張本氏注目のロッテ・田村(左)
Photo By スポニチ

 29日のセ・パ両リーグの同時開幕を前に、スポニチ評論家陣が2日間にわたって両リーグのペナント争いの行方を占う。パ・リーグは昨季日本一のソフトバンクが断然の筆頭候補で、リーグ王者の西武が対抗との構図。この2強の牙城を崩すチームはあるのか――。

【張本勲氏 順位予想】1位・ソフトバンク、2位・西武、3位・日本ハム、4位・ロッテ、5位・楽天、6位・オリックス

 総合力でソフトバンクか。千賀をはじめとした先発陣の駒もそろい、内川らベテラン勢に故障が多くても若手でカバーできるのも強みだ。対抗は西武にしたが菊池、浅村と投打の主力が抜けた。昨季の打線は爆発的だったが、線をつないでいた浅村の穴を埋めるのは容易ではない。

 日本ハムは面白い。投打ともに若手が台頭。清宮が開幕から不在なのは残念だが、注目は王柏融。台湾で2年連続4割をマークした左打者は、打撃フォームが非常に安定していてどんなボールにも対応できる。近藤も理想的な打ち方をしており、中田が35~40本塁打をするような活躍を見せてくれればダークホースになる。

 ロッテは田村が縁の下でチームを支える。昨季は143試合出場。今の捕手でシーズン全試合出場はなかなかいないし、ぜひ続けてほしいと思う。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年3月26日のニュース